高配当株

【危険】「買ってはいけない高配当株とは?」6つの注意点と見分け方を解説

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
高配当株の購入を検討中。「買ってはいけない高配当株」を教えて欲しい

本記事では「買ってはいけない高配当株」をテーマに注意点と見分け方を解説します。

高配当株の魅力は不労所得であり、少しずつ配当が貰える株を購入すれば、将来余裕のある暮らしを送ることができます。

但し、高配当株の中には「買ってはいけない」と言われる罠銘柄も存在。

配当利回りだけを見た投資をせず、本記事の注意点をしっかりとチェックしておきましょう。

本記事のポイント

①高配当株の魅力は不労所得

②高配当になっている理由を確認

③「配当利回りが高すぎる」、「記念配当」には注意

④配当推移が安定している銘柄を購入

⑤バフェットコードを活用した企業分析を実施しよう

【当サイト推薦】moomoo証券アプリ

企業評価、アナリスト評価をアプリで確認

テクニカルデータやシグナルも無料で閲覧可能(新たな買い時を判断するの最適)

口座開設不要かつ無料で使える金融情報アプリのため、気軽に使用感をチェックしてみよう!

\期間限定キャンペーン開催中/moomoo証券

moomooアプリ無料ダウンロード

「高配当株投資」の魅力とは?

高配当株における配当金は、一度購入するだけであとは何もすることなくあなたにお金を届けてくれます。

労働収入と合わせて、配当金を増やすことで生活の安定感が上昇すると言えるでしょう。

配当金で得られる効果
配当金 事例
月1万円 電気代がタダに
月5万円 食費がタダに
月10万円 家賃がタダに
月25万円 田舎ならFIREという選択肢も

月1万円の配当金でも、「電気代がタダ」考えると気持ちの余裕は金額以上に大きいものがあります。

このため、高配当株はあなただけの「お金の生る木」とも言えます。

配当金が月20万円を超えてくれば、「アーリーリタイア」も視野に入る

こんな魅力のある高配当株ですが、配当利回りだけを見た投資は危険です。

  • 配当性向
  • 記念配当
  • 自己資本比率

など、注意するべきポイントをチェックしていきましょう。

「買ってはいけない高配当株」6つのポイント(注意点)

「買ってはいけない高配当株」の特徴は以下の通りです。

順番に解説します。

ポイント①配当性向が高すぎる銘柄

高すぎる配当性向には注意

配当性向は株主に対する還元を図る1つの指標です。

「配当性向」計算方法

配当性向(%)=1株当たりの配当金÷1株当たりの利益(EPS)×100

配当性向が高い銘柄は、株主に対しての利益還元に積極的な企業と言えます。

但し、配当の原資は会社の事業で得た利益。

配当性向が高すぎる場合、設備投資や人材確保など今後会社を大きくする資金が枯渇する可能性があります。

POINT

配当性向の平均は「30~40%」を目安に配当額を決定する企業多い

高配当株の中には、100%を超える配当性向となっている企業が存在する

数年に渡り100%を超える配当性向を維持している企業は、将来的に減配になる可能性がある点は注意しましょう。

ポイント②記念配当で利回りが上がっている銘柄

配当利回りが高い理由をチェックしよう

高配当株の中には「記念配当」、「特別配当」で一時的に配当利回りが上昇している銘柄があります。

「配当利回りランキング」を調べると10%を超える企業も存在。

但し、記念配当はあくまで一時的なものであり継続性に課題が残ります

このため、配当利回りが高いという理由だけで株を購入するのは辞めましょう。

ポイント③配当額が順調に推移していない銘柄

長期的な配当推移を確認

配当額が安定しない銘柄には注意が必要です。

高配当株に求められるのは、配当額の安定性及び増配。

最低でも「10年間減配していない」など長期的な配当推移をチェックしましょう。

例:KDDI配当推移
配当金は増配が続いている
例:青山商事の配当推移
2018年より減配が続き、2021年無配となる

高配当株を購入する際は配当推移もチェックを確認しましょう。

(参考)連続増配株の探し方を3STEPで解説

ポイント④自己資本比率が低下している銘柄

20%を下回る自己資本比率は注意

自己資本比率は企業の安定性を表す数値です。

自己資本比率(%)=自己資本÷総資本×100

一般的に自己資本比率が高い場合、財務の安定性が高いと判断されます。

(目安)業種別自己資本比率
産業 自己資本比率
建設業 40.92%
製造業 44.65%
情報通信業 54.25%
運輸業・郵便業 35.46%
卸売業 41.03%
小売業 30.99%
飲食サービス 15.21%

参照:【中小企業実態基本調査報告書(平成30年)

業態により違いはあるも「30%以上」が目安と言えるでしょう。

自己資本比率が減少している高配当株は、安定した配当維持が難しくなるため投資をする前に必ずチェックを行いましょう。

ポイント⑤赤字が続いている銘柄

長期的な収益性を確認する

単年度ではなく長期業績を確認するようにしましょう。

複数回に渡り赤字となっている銘柄は、リスクが高く投資対象とは言えません。

安全を求める場合、「過去10年間1度も赤字になっていない銘柄」を選ぶのがおすすめです。

ポイント⑥有利子負債が増加している銘柄

有利子負債増加に対して売上横ばいは危険

有利子負債をシンプルに解説すると「借金」です。

有利子負債は以下に分けられます。

  • 短期借入金
  • 長期借入金
  • 社債

企業が成長する上で、借入金は新たな投資をする上で必要不可欠。

このため、「借入金多い=業績が不安定」という訳ではありません。

但し、売上が横ばいにも関わらず有利子負債だけが増加している企業については注意が必要です。

「買ってはいけない高配当株」の見分け方を解説

当サイトでは無料分析ツール「バフェットコード」の活用を推奨

「バフェットコード」とは、ボタン1つで効率的に企業分析ができるツールです。

バフェットコード特徴
  • 利用料無料で使える
  • メールアドレスなど登録不要
  • 企業の比較分析にも対応

(公式)バフェット・コード

使い方を詳しく知りたい方は以下記事も合わせてチェックしてみましょう。

【無料分析ツール】バフェットコード使い方、評判を解説【5つの見るべきポイント】 本記事では、「バフェットコード」をテーマに使い方、評判を解説します。 バフェットコードは、効率的な財務部分析が可能な無料分...

それでは順番に操作方法を解説します。
(例:KDDIにて分析)

①配当性向

高すぎる配当性向には注意しよう
  1. 検索バーに企業名を入力
  2. 「企業概要」をクリック
  3. ホーム画面に配当性向が表示される

30%~40%が1つの目安と言われています。

②記念配当

記念配当、特別配当でないことを確認する
  1. IR資料をタップ
  2. 「適時開示」タップ
  3. リリース内容から配当金について確認をする

一時的に高配当になっている場合注意が必要です。

③配当金推移

長期的に安定した配当を出しているか確認する
  1. 企業概要をタップ
  2. 配当金推移をチェック

過去10年間の配当推移が確認できます。

「順調に増配しているか?」、「減配はないか?」など確認をしましょう。

④自己資本比率

20%を下回る場合は要チェック
  1. 「企業概要」をクリック
  2. ホーム画面に自己資本比率が表示される

「自己資本比率は低すぎないか?」を確認しましょう。

⑤利益

長期的な業績推移を確認する
  1. 「企業概要」をクリック
  2. ホーム画面に企業利益が表示される

売上、利益共に右肩上がりが理想。

「利益はしっかり出ているか?」、「赤字になっていないか?」をチェックしましょう。

⑥有利子負債

売上推移と有利子負債を確認する
  1. 「業績」をクリック
  2. 過去3年の有利子負債を確認する

「有利子負債は拡大していないか?」をチェックしましょう。

但し、上記でも解説した通り企業成長に借入金であるため、売上推移も合わせて確認するのが大切です。

高配当株を購入したら管理アプリを活用しよう

高配当株を実際に購入したら管理アプリを活用するようにしましょう。

筆者が実際に利用している管理アプリを3種類紹介します。

株管理アプリを活用して配当金を手軽に管理しよう

①moomoo

アプリで場所を選ばず財務分析をしたい方は、moomooの利用がおすすめです。

そこでおすすめなのが、2022年10月27日誕生した新しい次世代型金融情報アプリ「moomoo」の活用。

日本での知名度は高くありませんが、世界では2,000万人以上のユーザーがmoomooのアプリを利用しています。

革新的なサービスとして世界の投資家に認められているツール
moomooの特徴
  • 日本株、米国株のスクリーニング
  • 日本株、米国株の財務分析
  • シミュレーション取引が可能

moomooに銘柄登録することで、米国株のリアルタイム株価を手軽に確認。

企業分析に強く、気になる日本企業、米国企業の財務分析が可能です。

その他、「銘柄スクリーニング」、「ヒートマップ」など株のトータル管理に対応。

完全無料のツールのため気軽に利用してみましょう。

POINT

上記で解説したバフェットコードは米国株の財務分析が有料

このため、日米の財務分析に無料対応したmoomooの利用を検討しよう

「moomoo」を無料でダウンロードする
※IDを取得すればすぐに利用できます

moomoo

moomoo

posted withアプリーチ

【誕生】次世代型投資アプリ「moomoo(ムームー)」9つの魅力を解説 本記事では、「moomoo」をテーマに活用するべき魅力を解説します。 「moomoo」は、2022年10月27日に誕生した...

②マネーフォワード ME

マネーフォワードME

マネーフォワードME

posted withアプリーチ

「マネーフォワードME」利用者1,400万人超えの家計簿アプリです。

  • 収入と支出の見える化
  • 複数の銀行や証券会社の口座の一元化
  • 無料で利用可能

証券口座を連携すれば、入金された配当金をアプリを通して確認することができます。

また、複数の証券口座を一括管理することで最新の資産状況を手軽に確認可能。

多くの投資家に利用されているアプリのため、しっかりと抑えておきましょう。

また、2023年2月27日マネーフォワードMEは、新たにアドバンスコース新設を発表。

保有資産の配当利回り別内訳機能、配当予測機能が追加されています。

気になる方は、プラン変更を検討するのもおすすめです。

「マネーフォワードME」口コミ、評判を解説│4年間使用した感想を正直レビュー 本記事では「マネーフォワードME」をテーマに口コミ、評判を解説します。 筆者はマネーフォワードMEを4年継続利用中。 ...

③配当管理

配当管理

配当管理

posted withアプリーチ

「配当管理」は保有株の配当額を一元管理できるアプリです。

  • 年間配当金額の確認
  • 月別配当金額の確認
  • 資産のポートフォリオ管理

高配当株を購入したら、「配当管理」アプリに保有株を入力して自身の配当額をチェックしてみましょう。

少しずつ配当額が増えているのを見るとモチベーションアップに繋がります。

【必見】「配当管理アプリ」使い方、口コミを徹底解説【4年継続利用】 本記事では、こんな悩みを解決してくれる「配当管理アプリ」の使い方を解説します。 配当管理アプリは、手軽に配当金を確認できる...

買ってはいけない高配当株【まとめ】

本記事では「買ってはいけない高配当株」をテーマに注意点と見分け方を解説しました。

高配当株には「不労所得」という魅力があります。

こんな魅力のある高配当株ですが銘柄選びには注意が必要です。

このため、目先の配当利回りだけに注目するのではなく

  • 業績
  • 有利子負債
  • 配当性向

など、複数の指標を元に投資を行いましょう。

また、「株スクリーニングアプリ」を活用して企業分析を行うのが大切です。

以上、「買ってはいけない高配当株」まとめでした。

【関連記事】高配当株の買い時をテーマにポイント解説しています。

【必見】「高配当株の買い時とは?」いつ買うべきか4つのポイントで解説 本記事では「高配当株の買い時とは?」をテーマに4つのポイントを解説します。 株式投資で得られる配当金には、不労所得という魅...

【関連記事】「高配当株おすすめしない」という言われる理由と対策を解説しています。

【注意】「高配当株投資はおすすめしない」と言われる5つのデメリット 本記事では「高配当株投資デメリット」をテーマにおすすめしないと言われる注意点を解説します。 高配当株は不労所得であり、労働...

【関連記事】高配当株投資の失敗事例をまとめています。

【配当金生活に失敗】高配当株投資よくある失敗事例6選│5つの対策あり 本記事では、「高配当株の失敗事例」をテーマに注意点と具体的対策を解説します。 若者を中心に「FIRE」(経済的自立と早期リ...