高配当株

【必見】連続増配株の探し方を3STEPで解説【配当金の安定した増加を狙う】

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
将来のために増配が続く銘柄に投資をしたい。連続増配株の探し方を教えて欲しい

本記事では「連続増配株の探し方」をテーマに具体的な方法を3STEPで解説します。

連続増配株には「安定した業績」、「将来的な配当額の増加」など魅力があります。

但し、実際に増配株を探すと言っても上場企業数は3,700社以上存在するため、1社ずつ調査するには膨大な時間が必要です。

また、四季報で隠れた増配企業を探すのも有効ですが、多くの時間が必要であり効率的とは言えません。

そこで、本記事では連続増配株の効率的な探し方について深堀りします。

【当サイト推薦】moomoo証券アプリ

企業評価、アナリスト評価をアプリで確認

テクニカルデータやシグナルも無料で閲覧可能(新たな買い時を判断するの最適)

口座開設不要かつ無料で使える金融情報アプリのため、気軽に使用感をチェックしてみよう!

\期間限定キャンペーン開催中/moomoo証券

moomooアプリ無料ダウンロード

「連続増配株」3つの魅力

連続増配株の魅力は以下の通りです。

順番に解説します。

①安定した配当金の増加

連続増配株の魅力は安定した配当金の増加にあります。

例:KDDI配当額推移

KDDIは右肩上がりの増配を継続。

株主として、配当額の増加は最高の株主還元と言えるでしょう。

複数の連続増配株を保有すれば、将来大きな配当額になることが期待されます。

一方、一時的に高い配当利回りとなるも減配が続く銘柄が存在。

例:AOKIホールディングス

株価の下落に伴い配当利回りが一時的に急騰するも、減配が続くようでは魅力があるとは言えません。

このため、現在の配当利回りだけを見るのではなく将来の成長性を予測するのが良いでしょう

②配当利回りの増加

連続増配株の投資は高配当株とは異なります。

一般的に高配当株投資は「3~6%」など、投資家が求める利回りの銘柄に投資。

一方、連続増配株は短期的な利回りでは高配当株に劣ることも少なくありません。

増配株投資の狙いは長期的な配当額の増加です。

例:花王を2013年から2022年まで保有した場合
  • 2013年配当利回り:3.2%
  • 2022年配当利回り:7.4%(取得額ベース)

自身の取得単価でみると、毎年7.4%の配当額を届けてくれる銘柄は「お金の生る木」と言っても過言ではないでしょう。

このため、現在の配当利回りをだけを見るのではなく将来的な配当額を意識して投資を検討してみましょう。

③増配できるビジネスモデル

通常配当金は、ビジネスで行った利益の一部を株主還元として実施。

このため、増配を続けている企業は安定した業績が続くビジネスモデルであるとも言えます。

景気敏感株など一時的に「記念配当」、「特別配当」などで10%を超える配当利回りとなることも少なくありません。

例:日本郵船の配当推移

日本郵船2022年の配当利回りは12%超え。

但し、景気動向の影響を大きく受ける海運株は、将来に渡り高い配当利回り維持するのは困難が予測されます。

このため、安定したビジネスモデルの企業へ投資ができるのは連続増配株の強みと言えるでしょう。

POINT

2023年配当金額が急落し、配当利回りは3%に落ち着いている

連続増配企業TOP10【日本・米国】

2024年時点の連続増配企業TOP10は以下の通りです。

【日本】

企業名 増配年数
花王 34年
SPK 25年
三菱HCキャピタル 24年
小林製薬 24年
ユー・エス・エス 23年
リコー・リース 23年
トランコム 22年
ユニ・チャーム 21年
沖縄セルラー電話 21年
リンナイ 21年

日本NO.1の連続増配企業は花王。

34年に渡り増配が続いているため、「割安なタイミングで購入したい」と考える投資家も少なくありません。

【米国株】

企業名 増配年数
AWR アメリカン・ステイツ・ウォーター 68年
DOV ドーバー 67年
PH パーカー・ハネフィン 66年
GPC ジェニュイン・パーツ 66年
NWN ノースウェスト・ナチュラル・ガス 66年
PG プロクター・アンド・ギャンブル 66年
EMR エマソン・エレクトリック 66年
MMM スリーエム 65年
CINF シンシナティ・ファイナンシャル 62年
JNJ ジョンソン&ジョンソン 60年

米国株については60年以上増配を続けている企業が複数存在する点が魅力。

このため、連続増配株投資を検討している方は米国株投資もおすすめです。

「米国の個別株投資は難しい」と感じる方は米国高配当ETFの活用も検討してみましょう。

(参考)米国高配当ETF【VYM、HDV、SPYD】特徴、配当利回り徹底解説

「連続増配株」探し方を3STEPで解説

結論、マネックス証券が提供する「銘柄スカウター」の分析ツールが最適です。

利用には口座開設が必要
銘柄スカウターの特徴
  • 重要な業績推移を過去10期以上に渡りグラフで表示
  • 過去10年のスクリーニング
  • 投資指標を統計処理したデータを元に理論株価を提示

無料で使える優れた企業分析ツールです。

銘柄スカウターの詳細は以下も合わせてチェックしてみましょう。

【完全攻略マニュアル】銘柄スカウター使い方、評判を解説【米国株対応】 本記事では、「銘柄スカウター」をテーマに使い方、評判を解説します。 銘柄スカウターは、マネックス証券が提供する無料分析ツー...

【参考】動画でチェックしたい方はこちら

マネックス証券公式ホームページ

銘柄スカウターを活用した連続増配株の探し方は以下の通りです。

  1. 銘柄スカウターの起動
  2. スクリーニング条件を入力
  3. 企業分析を行う

順番に解説します。

STEP①銘柄スカウターの起動

まずは、銘柄スカウターを起動しましょう。

①10年スクリーニングをタップ

②「新規作成」をタップ

  • 市場
  • 業種
  • 時価総額
  • 投資金額
  • 株主優待の有無
  • 決算月
  • キーワード

など複数のスクリーニングに対応。

連続増配株だけでなく、企業スクリーニングに最適

SETP②スクリーニング条件を入力

連続増配株をスクリーニングするには「条件追加」が必要。

①左下「条件追加」をタップ

②「分析指標・アナリスト評価・株価」タブを選択

③「連続増配年数(直近実績)」を選択する

④連続増配年数「5期以上」を選択

【補足】

対象銘柄を絞りたい場合「その他条件」も追加しよう

例:画像では「成長率(売上・営業利益)」、「配当性向」を使用

STEP③企業分析を行う

スクリーニングされた企業の分析を行いましょう。

配当推移や配当利回り、配当性向を確認

配当推移はもちろん、「実績配当性向」に注目

配当性向が高すぎる場合は要注意(30~40%が目安)

企業分析タブから業績推移を確認。

売上高が長期に渡り成長していることを確認しましょう。

スクリーニングはもちろん、企業業績を多岐にわたり分析することが可能です。

気になる方はマネックス証券の口座開設も検討してみましょう。

【購入のポイント】

  1. 気になる連続増配株をリスト化
  2. ターゲットの目標株価を設定
  3. 株価状況を見て購入を行う
優良な連続増配企業株をいつでも購入できるよう、リスト化がおすすめ

【その他】連続増配株の探し方

銘柄スカウター以外の連続増配株の探し方は以下の通りです。

  1. ビジネス雑誌の活用
  2. Google検索で探す
  3. Youtubeの活用

順番に解説します。

①ビジネス雑誌の活用

 「ダイヤモンドZAI」、「日経マネー」などのビジネス雑誌の活用もおすすめです。

「買いの10万円株」、「本当に強い株36銘柄」など新しい銘柄を知るのに有効と言えます。

また、カラーの図解やグラフが活用されており、情報が理解しやすい点もメリットです。

気になる方おすすめのビジネス雑誌一覧もチェックしてみましょう。

【2024年最新】ビジネス雑誌おすすめランキング10選│株や経済の情報収集 本記事では「ビジネス雑誌」をテーマにおすすめをランキング形式で紹介します。 ビジネス雑誌を活用すれば、経済に関する情報を網...

②Google検索で探す

Googleにて「連続増配株 ランキング」などで検索するのも有効な方法です。

「トップ20」など長期に渡り増配が続く銘柄を知ることができます。

但し、あくまで一部の銘柄だけであり、隠れた優良増配株を見つけるのには不向きです。

このため、スクリーニングと合わせて情報収集を行うようにしましょう。

③Youtubeの活用

投資系Youtuberが株式投資に関する情報を日々アップ。

このため、「連続増配株」などで検索することでおすすめ企業をチェックすることができます。

但し、あくまで配信者の考えであり紹介された銘柄をそのまま購入するのは辞めましょう。

1つの投資情報として最終的な投資判断は自身で行うことが大切です。

【2024年版】投資系YouTuberおすすめランキングTOP10【有料級】 本記事では「投資系YouTuber」をテーマにおすすめを解説します。 「投資の勉強をしたい」という方におすすめしたいのがY...

連続増配株を購入したら管理アプリを活用しよう

連続増配株を効率良く管理するために、投資管理アプリの活用がおすすめです。

当サイトでは、人気NO.1家計簿アプリ「マネーフォワードME」の利用を推奨

「マネーフォワードME」は普通預金から証券口座まで一括管理することが可能。

利用料 無料
スタンダードコース500円/月
アドバンスコース980円/月
米国株 対応
広告表示 あり(無料版のみ)
特徴 普通預金、証券口座までトータル管理
マネーフォワード特徴
  • 利用者数1,400万人超え
  • 銀行から証券会社まで一括管理
  • 収入と支出の見える化

一度、証券口座と連携するだけで最新の資産を自動更新。

個別株の損益や資産推移を確認するのに最適です。

証券口座に入金された配当金を手軽に確認することができます。

アップデート情報

2023年2月27日マネーフォワードMEは、新たにアドバンスコース新設を発表

配当管理、Myポートフォリオ管理機能が追加されました

アプリ1つで資産のトータル管理をしたい方におすすめです

【誕生】「マネーフォワードMEアドバンスコース」利用者の評判を徹底解説 本記事では、「マネーフォワードMEアドバンスコース」をテーマに利用者の口コミ、評判を解説します。 2023年2月27日マネ...

 

無料で使える管理アプリのため、積極的に利用してみましょう。

マネーフォワードMEを無料でダウンロードする

マネーフォワードME

マネーフォワードME

posted withアプリーチ

連続増配株の探し方【まとめ】

本記事では「連続増配株の探し方」をテーマに具体的な方法を解説しました。

長期に渡り安定した配当金を受け取ることができる
連続増配株の探し方

マネックス証券が提供する「銘柄スカウター」を活用

マネックス証券の銘柄スカウターは企業スクリーニングに最適なツールです。

無料で使えるツールのため、口座開設を検討してみましょう。

以上、連続増配株の探し方まとめでした。

【完全攻略マニュアル】銘柄スカウター使い方、評判を解説【米国株対応】 本記事では、「銘柄スカウター」をテーマに使い方、評判を解説します。 銘柄スカウターは、マネックス証券が提供する無料分析ツー...

【関連記事】高配当株の買い時についてポイントを解説しています。

【必見】「高配当株の買い時とは?」いつ買うべきか4つのポイントで解説 本記事では「高配当株の買い時とは?」をテーマに4つのポイントを解説します。 株式投資で得られる配当金には、不労所得という魅...

【関連記事】スクリーニングに最適なツールをまとめています。

【厳選】「株スクリーニングアプリ」最強おすすめ9選【無料ツールの活用】 本記事では、「株スクリーニングアプリ」をテーマに筆者が実際に活用しているおすすめツールを紹介します。 株式投資において、銘...

【関連記事】情報収集に最適なサイトをまとめています。

【有料級】「株式投資に役立つ情報サイト」おすすめランキング15選 本記事では、「株式投資に役立つ情報サイト」をテーマにおすすめをランキング形式で解説します。 企業は株主への責務として「決算...
関連記事