証券会社

【誕生】ウィブル証券(Webull)口座開設して分かった7つの魅力【評判】

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
ウィブル証券を活用する魅力や注意点を教えて欲しい

本記事では、「ウィブル証券(Webull)」をテーマに、アプリの魅力や利用方法を解説します。

ウィブル証券は、2023年4月に日本語版をリリースした新しい米国株取引アプリ。

日本での知名度は高くありませんが、世界で3,500万人以上が利用とアメリカを中心に多くの投資家に親しまれているアプリです。

ウィブル証券は国内アプリには無い特徴的なサービスを展開。

日本市場を変えるまさに「黒船来襲」とも言える手数料や機能を持っているため、今後サービスの拡大が期待されるアプリです。

「私はウィブル証券を活用するべきか?」を本記事を参考にチェックしてみましょう。

更新情報

ウィブル証券は、2023年6月19日より国内株式取引サービスを開始

課題とされていた取引銘柄の制限について撤廃されています

\口座開設キャンペーン開催中/

ウィブル証券
目次
  1. ウィブル証券(Webull)とは?
    1. ウィブル証券(Webull)会社概要
  2. ウィブル証券(Webull)口座開設して分かった7つの魅力(メリット)
    1. メリット①取引手数料が安い
    2. メリット②為替取引手数料が魅力
    3. メリット③アプリ内で財務分析が可能
    4. メリット④20時間注文・16時間リアルタイム取引に対応
    5. メリット⑤リアルタイム株価に対応
    6. メリット⑥企業ニュースがチェックできる
    7. メリット⑦口座開設はアプリで完了
  3. ウィブル証券(Webull)5つのデメリット
    1. デメリット①取引は米国株限定→日本株に対応
    2. デメリット②リアルタイム入金に非対応
    3. デメリット③入出金手数料が必要
    4. デメリット④上限手数料設定がない
    5. デメリット⑤NISA口座に非対応
  4. 【期間限定】手数料無料キャンペーン情報
  5. ウィブル証券(Webull)がおすすめな人
  6. ウィブル証券(Webull)口座開設方法
  7. ウィブル証券(Webull)利用方法【3STEP】
    1. STEP①ウォッチリストに銘柄登録
    2. STEP②企業の財務分析をしよう
    3. STEP③実際に取引しよう
  8. ウィブル証券(Webull)気になる5つの質問
    1. Q1.ウィブル証券は怪しくないのか?【安全性】
    2. Q2.入金方法を教えて欲しい
    3. Q3.日本株は取引可能か?
    4. Q4.本人確認に有効な書類は?
    5. Q5.アプリ内で利用できる分析指標は?
  9. ウィブル証券(Webull)口コミ、評判
  10. ウィブル証券(Webull)【まとめ】

ウィブル証券(Webull)とは?

まずは、ウィブル証券(Webull)の基本をチェックしてみましょう。

POINT

ウィブル証券は、米国株に特化した取引アプリ

手数料の安さはもちろん、アプリ内での財務分析や多数のテクニカル指標を搭載

2023年4月28日ウィブル証券は日本語版のアプリリリースを発表。

世界で3,500万人以上の投資家が既にWebullアプリを利用しており、今後日本市場でのユーザー数増加が期待されます。

国内大手ネット証券は米国株取引に対応しているも、取引ツールの操作性や情報量に課題を感じている方も少なくないでしょう。

ウィブル証券は、56種類のテクニカル指標と17種類のチャート編集機能を搭載。

また、アプリ内で企業の財務分析機能があり、場所を選ばず投資企業の選定をすることができます。

口座管理維持手数料も不要なため、気軽に利用をしてみましょう。

ウィブル証券公式サイト

ウィブル証券(Webull)会社概要

国内での知名度がないため、ウィブル証券に対して怪しいと感じている方も少なくないでしょう。

このため、ウィブル証券の会社概要を説明します。

社名 ウィブル証券株式会社
本店所在地 〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町1丁目9番2号 稲村ビル6階
設立 1948年3月
資本金 9億3,848万円(2023年4月1日現在)
代表者 代表取締役社長 小島 和
業務内容
第一種金融商品取引業
第二種金融商品取引業
登録番号 関東財務局長(金商)第48号

2022年1月商号変更を行い、マディソン証券からウィブル証券に名称が変更。

金融商品取引業を保有しており、金融庁の認可を受けています。

金融商品取引業者には「顧客資産の分別管理」が法律で義務付けられており、万が一の場合でも投資家の資産は保護されている点は安心です。

このため、新しいサービスの利用に対して不安を感じる必要はないと言えるでしょう。

ウィブル証券(Webull)口座開設して分かった7つの魅力(メリット)

世界の投資家から評価されているウィブル証券の魅力は以下の通りです。

順番に解説します。

メリット①取引手数料が安い

ウィブル証券の手数料は、約定金額の0.25%(税抜)と格安です。

大手ネット証券米国株手数料
SBI証券 約定代金の0.45%(税抜)
楽天証券 約定代金の0.45%(税抜)
マネックス証券 約定代金の0.45%(税抜)
松井証券 約定代金の0.45%(税抜)
ウィブル証券 約定金額の0.25%(税抜)

国内大手ネット証券の手数料は横並びであり、ウィブル証券の手数料は大きな魅力です。

POINT

例:約定金額10万円の場合

国内大手ネット証券:手数料450円(税抜)

ウィブル証券:手数料250円(税抜)

業界の風穴を開ける動きであり、今後手数料競争が激化する可能性があると言えるでしょう。

メリット②為替取引手数料が魅力

米国株取引を行う場合、為替取引手数料にも注目する必要があります。

POINT

日本円で取引する場合、「円→ドル」、「ドル→円」へ変更する手数料が必要

大手ネット証券手数料比較
円→ドル ドル→円
SBI証券 25銭 25銭
楽天証券 25銭 25銭
マネックス証券 25銭 25銭
松井証券 25銭 25銭
ウィブル証券 15銭 15銭

大手ネット証券は、為替取引手数料でも同一の条件を適用。

一方、ウィブル証券は15銭と最安の為替取引手数料を設定です。

このため、手数料を抑えたい投資家は利用を検討してみるのが良いでしょう。

メリット③アプリ内で財務分析が可能

ウィブル証券は、企業の財務分析機能に優れた取引アプリを展開。

POINT

国内大手ネット証券は、日本株の分析機能は充実しているも米国株の情報量に課題を感じている投資家は少なくない

アナリスト目標株価を表示。

テクニカル分析機能が充実しており、短期~長期の動きを確認することが可能。

企業情報に強く、アプリ内で財務分析ができます。

現状複数のツールを活用しながら銘柄分析をしている方であれば、ウィブル証券を活用して効率良く企業分析するのが良いでしょう。

メリット④20時間注文・16時間リアルタイム取引に対応

米国株の取引時間は以下の通りです。

標準時間:23:30~6:00

サマータイム:22:30~5:00

ウィブル証券は、プレマーケット及びアフターマーケットでの取引にも対応

アプリ内で手軽に時間外を含めた取引注文を行うことができます。

メリット⑤リアルタイム株価に対応

ウィブル証券に表示される株価はリアルタイム表示です。

POINT

一部大手ネット証券は15分遅れで株価を表示

リアルタイム表示をするには月額料金や株の購入など条件がある

(参考)【対策】米国株をリアルタイムに株価・チャートを確認する方法

マイウォッチリストに入れることで、気になる銘柄を一覧で株価表示。

細かな条件なくリアルタイム株価に対応している点は強みと言えるでしょう。

メリット⑥企業ニュースがチェックできる

ウィブル証券アプリは、情報収集にも最適です。

分析したい企業を選択すると、「ニュース」タブから関連する情報を確認することができます。

お気に入りに企業を入れておき、定期的に企業情報を収集するのもおすすめです。

メリット⑦口座開設はアプリで完了

ウィブル証券の口座開設は最短1日アプリで完了します。

書面でのやり取りは不要であり、本人確認書類もスマホ撮影に対応。

誰でも手軽に口座開設できるのは強みと言えるでしょう。

ウィブル証券の公式サイトを確認する

ウィブル証券(Webull)5つのデメリット

こんな魅力のあるウィブル証券にはデメリットも存在します。

こちらも順番にチェックしていきましょう。

デメリット①取引は米国株限定→日本株に対応

ウィブル証券は、米国株に特化した証券会社です。

ウィブル証券は、2023年6月19日以降日本株に対応しました。

手数料
約定代金 ウィブル証券
5万円まで 55円
10万円まで 99円
20万円まで 115円
50万円まで
100万円まで 275円
150万円まで 535円
POINT

楽天証券、SBI証券が国内手数料無料化を発表したため、日本株の取引は課題が残る

デメリット②リアルタイム入金に非対応

ウィブル証券は、リアルタイム入金に対応していません。

POINT

指定された銀行に振り込みすることで入金が反映される

筆者の場合、入金後20分前後で反映された

このため、入金までタイムラグがある点は理解しておきましょう。

デメリット③入出金手数料が必要

取引に必要な資金の入出金には手数料が必要です。

円入金 利用者負担
円出金 三菱UFJ銀行へ3万円未満の振込:110円
三菱UFJ銀行へ3万円以上の振込:330円
それ以外の銀行へ3万円未満の振込:484円
それ以外の銀行へ3万円以上の振込:660円

入金手数料は、手数料無料のネット銀行を利用することで解決しますが、出金手数料は避けることができません。

POINT

国内大手ネット証券は出金手数料無料に対応

このため、頻繁に入出金を行うのは控えるようにしましょう。

デメリット④上限手数料設定がない

ウィブル証券を活用すれば、米国株取引に必要な手数料を抑えることができます。

但し、上限手数料が設定されていないため注意しましょう。

大手ネット証券上限手数料
SBI証券 22ドル(税込)
楽天証券 22ドル(税込)
マネックス証券 22ドル(税込)
松井証券 22ドル(税込)
ウィブル証券 上限設定無し

大手ネット証券は、1回当たりの取引に対して最大22ドル以上の手数料を取ることがありません。

POINT

約定金額4,444ドル以上の手数料は一律22ドル(税込)となる

一方、ウィブル証券に上限手数料設定はありません。

目安として約定金額8,000ドル以上頻繁に投資をする方であれば、大手ネット証券の方が割安です。

自身の取引状況に応じて、利用する証券会社を使い分けるのが良いでしょう。

デメリット⑤NISA口座に非対応

ウィブル証券はNISA口座に対応していません。

このため、非課税口座をメインに取引したい方には不向きの証券口座と言えるでしょう。

【期間限定】手数料無料キャンペーン情報

ウィブル証券は、国内でのユーザー数拡大を目的としたキャンペーンを開催中。

口座開設を検討している方は、キャンペーン内容をチェックしてみましょう。

①米国株手数料0円キャンペーン

口座開設を行うと米国現物株式取引手数料が3ヶ月間無料。

取引手数料を抑えたい方は、利用してみるのもおすすめです。

POINT
  • 本プログラムへのエントリーは不要
  • お一人様一回限りにつき、口座閉鎖後再度口座開設した場合は対象外
  • 外国現物株式のお取引手数料が無料

②新規口座開設キャンペーン

新規口座開設+入金で現金プレゼントキャンペーンを開催。

POINT

期間:2024年5月31日~7月1日

新規口座開設後、一括で50,000円以上

ハズレ無しで最大100,000円が貰える

投資資金に不安がある方は、積極的に活用するのが良いでしょう。

期間限定のキャンペーンのため、早めに抑えておくのがおすすめです。

ウィブル証券キャンペーンをチェックする

ウィブル証券(Webull)がおすすめな人

ウィブル証券がおすすめな方は以下の通りです。

POINT
  • 米国株取引に興味がある(既に投資をしている)
  • 取引手数料、為替手数料を抑えたい
  • スマホアプリで取引したい
  • アプリを通して財務分析をしたい
  • 保有銘柄のニュースを確認したい

ウィブル証券の強みは、手数料の割安さと財務分析に対応した機能。

日本株は非対応であるも、国内大手ネット証券には無い分析機能を保有しています。

一方、入出金手数料が課題であるため、頻繁に出金する方は注意が必要です。

米国株投資に興味があり、財務分析をしたい方は利用を検討してみましょう。

ウィブル証券(Webull)口座開設方法

ウィブル証券の口座開設方法は以下の通りです。

ウィブル証券公式サイトよりアプリをダウンロードする

②携帯電話番号を入力して確認コードをSMSで受信

③パスワードを設定

④携帯電話番号でログイン

⑤設定したパスワードを入力

⑥口座開設をタップ

⑦メールアドレスを入力

⑧確認・同時事項にチェック

⑨個人情報を入力

⑩金融資産情報~納税方法を選択

POINT

確定申告をしたくない方は、「特定口座(源泉徴収あり)」を選択しよう

⑪本人確認を行う

本人確認書類をカメラ撮影、本人確認のため顔写真を撮影する

以下、申し込み中の画面に移動すれば口座開設が完了です。

POINT

筆者は申し込み後、翌営業日に口座開設が完了

口座開設は全体で10~15分掛かるため、時間に余裕がある時に作業しましょう

ウィブル証券を無料で口座開設する

ウィブル証券(Webull)利用方法【3STEP】

ウィブル証券の利用方法を3STEPで解説します。

STEP①ウォッチリストに銘柄登録

「ウィッチリスト」に気になる銘柄を登録しましょう。

表示される株価はリアルタイムであり、気になる銘柄の最新株価を手軽にチェックすることができます。

STEP②企業の財務分析をしよう

気になる企業を選択して財務分析を行いましょう。

例:テスラ(TSLA)

短期~長期の株価チャートを表示。

企業収益はもちろん、「株主」、「同業比較」など多数の分析機能に対応している点が強みです。

ウィブル証券のアプリを利用して、実際に企業分析を行ってみましょう。

STEP③実際に取引しよう

気になる銘柄が見つかったら実際に取引をしてみましょう。

画面下部「取引」をタップ

注文方法は国内ネット証券同様に誰でも簡単に取引することができます。

銘柄管理~財務分析~取引までアプリで一貫して行うことができるのが、ウィブル証券の強みと言えるでしょう。

ウィブル証券(Webull)気になる5つの質問

ウィブル証券利用者の気になる質問を集めました。

Q1.ウィブル証券は怪しくないのか?【安全性】

国内での知名度が低いため安全性を気にする方も少なくないでしょう。

ウィブル証券は、金融商品取引業者として金融庁の認可受けています。

POINT

投資家の資産と証券会社自身の財産を厳格に分けて管理をする、「分別管理」が行われている

また、金融商品取引業者は投資者保護基金への加入が法律で義務付けられており、万が一分別管理義務違反が行われても1,000万円を上限に資産保護。

世界的に利用されているアプリであり、過度に心配する必要はありませんが安全性の高い取り組みが実施されています。

Q2.入金方法を教えて欲しい

入金は日本円で手軽に行うことができます。

①webullアイコンをタップ

②入金をタップ

③指定された口座に入金することで完了します

Q3.日本株は取引可能か?

ウィブル証券は、日本株取引には対応していません。

米国株専用アプリとして利用しましょう。

Q4.本人確認に有効な書類は?

本人確認に有効な書類は以下の通りです。

国籍 本人確認書類
日本国籍のお客様 運転免許証(表裏両面)
マイナンバーカード(表面のみ)
外国籍のお客様 在留カード(表裏両面)
特別永住者証明書 

Q5.アプリ内で利用できる分析指標は?

多数の分析指標に対応しています。

以下をタップすると詳細が確認できます。

対応分析指標

インサイドバー (強気)

コモディティチャネル指数(CCI)

ギャップダウン

ダブルボトム

対称型連続三角形(弱気)

下降ブレイクアウト

ダブルトップ

ダイヤモンドトップ

価格クロス移動平均(強気)

モメンタム

量的評価

ラウンドトップ

ハンギングマン

ウィリアムズ%R

相対力指数(RSI)

フラッグ(弱気)

フラッグ(強気)

ハンマー

アップサイドブレイクアント

逆三尊

トリプルボトム

ペナント(強気)

ペナント(弱気)

ダイヤモンドボトム

ダブル移動平均クロスオーバー(強気)

エグゾーストバー(弱気)

継続的なウェッジ(弱気)

ツーバーリバーサル(強気)

継続的なダイヤモンド(強気)

ボトムトライアングル

トリプル移動平均クロスオーバー(強気)

反転ハンマー

ギャップアップ

メガホントップ

移動平均収束/発散(MACD)

ファストストキャスティクス

短期 KST

インサイドバー(弱気)

スローストキャスティックオシレーター

エンゴルフィング (強気)

トリプルトップ

アイランドボトム

下降する継続的な三角形

グレーストーン (強気)

アウトサイドバー(強気)

三尊天井

シューティングスター

対称型連続三角形(強気)

キーリバーサルバー(強気)

ツーバーリバーサル(弱気)

アイランドトップ

ラウンドボトム

メガホンボトム

昇順の継続的な三角形

継続的なウェッジ(強気)

ボリンジャーバンド

アウトサイドバー(弱気)

継続的なダイヤモンド(弱気)

トップトライアングル

中期 KST

キーリバーサルバー(弱気)

エンゴルフィング(弱気)

エグゾーストバー(強気)

グレーストーン(弱気)

ウィブル証券(Webull)口コミ、評判

ウィブル証券の口コミ、評判を集めました。

常に同時刻で米国株価がわかります

世の中、15分遅れで米国株価がわかるようなアプリは多いですが、これは常に同時刻で米国株価がわかります。たった15分遅れが命取りになるようなザラ場もあるので、米国株をやっている人は、このアプリを入れておいて損はないと思います。
引用:AppStore

操作がしやすい

app画面が綺麗、動作も滑らかで使いやすくて、すごく良いです
引用:GooglePlay

アラート機能が便利

ウォッチリストにアラートの設定、値下がり順ソートを駆使してバーゲンセールハンターを目指す。
引用:GooglePlay

米国株のリアルタイム表示や分析機能、アラート機能に対して評価する口コミが多く見られました。

ウィブル証券(Webull)【まとめ】

本記事では、「ウィブル証券(Webull)」をテーマに、アプリの魅力や利用方法を解説しました。

ウィブル証券メリット
ウィブル証券デメリット

ウィブル証券は2023年4月に登場したばかりの新しい証券会社。

国内での知名度は高くありませんが、世界の投資家に評価されているアプリです。

アプリを通して米国企業の財務分析に対応している点が強みと言えます。

手数料も格安であるため、米国株投資家の方は利用を検討してみましょう。

以上、ウィブル証券のメリット、デメリットまとめでした。

ウィブル証券公式サイト

【関連記事】米国株の財務分析に悩む方は「moomoo」の利用もおすすめです。

【誕生】次世代型投資アプリ「moomoo(ムームー)」9つの魅力を解説 本記事では、「moomoo」をテーマに活用するべき魅力を解説します。 「moomoo」は、2022年10月27日に誕生した...

【関連記事】米国株の情報収集に最適なサイトを解説しています。

【厳選】米国株情報収集に使えるサイトまとめ11選│日本語で読める情報源のみ 本記事では「米国株情報サイト」をテーマに、情報収集に最適なおすすめサイトを紹介します。 将来的な株価成長を期待し、米国株へ...

【関連記事】米国株の勉強方法を網羅的に解説しています。

【投資初心者向け】米国株の勉強方法10選を徹底解説【無料・有料まとめ】 本記事では「米国株の勉強」をテーマに無料、有料に分けて方法を解説します。 米国株には魅力があるも、企業の情報取得に苦労する...