米国株

「VYMはおすすめしない」と言われる6つの理由│メリット、デメリットを解説

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
高配当ETF「VYM」が気になる。購入する際の注意点を知りたい

本記事では、米国高配当ETF「VYM」をテーマにメリット、デメリットを解説します。

VYMは分散性や成長性の高さから、多くの投資家より高い評価を得ています。

将来の資産形成として少しずつVYMを積立投資するのも最適です。

但し、VYMはメリットばかりでなく「おすすめできない」と言われるデメリットが存在します。

このため、投資を行う前に正しくVYMの注意点を理解をしておきましょう。

本記事の結論

①VYMは低コストで運用できるETF

②分散性は約400社と優秀

③但し、パフォーマンスはS&P500に劣る

④配当利回りも約3%と微妙

⑤「成長性」+「配当利回り」どちらもバランス良く欲しい方に最適なETFである

【当サイト推薦】moomoo証券アプリ

企業評価、アナリスト評価をアプリで確認

テクニカルデータやシグナルも無料で閲覧可能(新たな買い時を判断するの最適)

口座開設不要かつ無料で使える金融情報アプリのため、気軽に使用感をチェックしてみよう!

\期間限定キャンペーン開催中/moomoo証券

moomooアプリ無料ダウンロード

「VYM」5つのメリット(SPYD、HDV比較)

まずは、VYMの特徴と投資をするメリットを解説します。

本記事では、米国高配当ETFとして高い評価を得ている「SPYD」、「HDV」との比較検証を実施

米国高配当ETF比較表は以下の通りです
※スマホの方はスライドできます。

ティッカー VYM SPYD HDV
運用会社 バンガード ステートストリート ブラックロック
設定日 2006年11月16日 2015年10月22日 2011年3月31日
保有銘柄数 約400社 約80社 約75社
純資産総額 496億ドル 68億ドル 105億ドル
信託報酬 0.06% 0.07% 0.08%
配当利回り
(2022年)
2.83% 4.30% 4.69%
株価
(2024年2月2日時点)
113.13ドル 38.56ドル 104.23ドル
最新株価 詳細 詳細 詳細

VYMのメリットと特徴を以下5つの項目で深掘りしていきます。

①信託報酬は格安

VYMの信託報酬は「0.06%/年」と格安

仮に100万円投資をしても年600円と低コストで分散投資が可能です。

また、僅かではあるも「SPYD」、「HDV」と比較して安い信託報酬となっています。

  • VYM:0.06%
  • SPYD:0.07%
  • HDV:0.08%

②純資産額が多い

VYMは494億ドルと高い純資産額を保有

純資産額が少ないETFは早期償還リスクが高まるため、VYMの純資産額には安心感があると言えるでしょう。

  • VYM:513億ドル
  • SPYD:67億ドル
  • HDV:99億ドル

他の高配当ETFと比較しても潤沢な純資産額という点は強みです。

③分散性が高い

VYMは「約400社」に投資と分散性が高い
  • VYM:約400社
  • SPYD:約80社
  • HDV:約75社

「SPYD」、「HDV」は分散性、セクターの偏りが課題であり、複数のETFとの同時購入が推奨されています。

一方、VYMは分散性が高く複数のETFを購入する必要がない点は強みと言えるでしょう。

VYM投資セクター上位5社は以下の通りです。
※2023年12月末時点

金融 21.50%
資本財 12.30%
生活必需品 12.20%
ヘルスケア 11.70%
エネルギー 9.90%

詳細:VYM-バンガード公式

コアセクターは「金融」、「資本財」、「生活必需品」

セクター比率のバランスが良い点もVYMの特徴です。

④設定から歴史が長い

VYMは設定から歴史が長い
  • VYM:2006年11月16日
  • SPYD:2015年10月22日
  • HDV:2011年3月31日

VYMのみ「リーマンショック」を経験しています。

このため、暴落時の動きを事前に想定できるのは強みと言えるでしょう。

⑤高配当ETFの中でパフォーマンスが高い

以下、高配当ETFのパフォーマンス比較
期間:2015年~2023年

「VYM」が最も高いパフォーマンスを実現。

このため、配当金だけでなく売却益を目指したい方におすすめのETFと言えます。

但し、あくまで過去の株価推移であるため1つの情報として取扱いをしましょう。

こんな魅力のあるVYMですが「おすすめしない」と言われるデメリットがあります。

「VYMはおすすめしない」と言われる6つのデメリット

VYMをおすすめしないと言われるデメリットは以下の通りです。

順番に解説します。

デメリット①パフォーマンスはS&P500に劣る

高配当ETFの中で高いパフォーマンスを誇るVYMですが、「VOO(S&P500)」にはパフォーマンスが劣る結果となっています。

以下、2015年~2023年の株価比較

VYMは2020年以降大きくパフォーマンスが劣る

パフォーマンスの違いは構成銘柄に大きな違いがあるためです。

各ETF組み入れ銘柄上位10社(2024年2月時点)
※スマホの方はスライドできます

VYM 投資比率 VOO 投資比率
JPモルガン 3.48% アップル 7.02%
ブロードコム 3.41% マイクロソフト 6.97%
エクソンモービル 2.87% アマゾン 3.44%
J&J 2.68% エヌビディア 3.05%
ホーム・デポ 2.46% アルファベット 2.06%
P&G 2.45% メタ 1.96%
メルク 1.96% アルファベット 1.75%
アッヴィ 1.94% テスラ 1.71%
シェブロン 1.77% バークシャー 1.62%
ペプシコ 1.66% JPモルガン 1.23%

VYMにはGAFAMを中心としたハイテク銘柄の組み入れがありません。

このため、成長性という点ではS&P500の方が現状優秀と言えるでしょう。

デメリット②成熟企業が中心

VYMは平均以上の配当を出す普通株で構成される「FTSEハイディビデンド・イールド指数」に連動する投資成果を狙うETF。

「配当利回りが平均以上=成熟企業が多く」今後急激な株価上昇が難しいと言えます。

特に、成長性が高いハイテク銘柄は配当利回りが低く組み入れされないため、注意が必要です。

デメリット③配当利回りが微妙

VYMの配当利回りは「2.83%」であり、他の高配当ETFと比較すると物足りない数値と言えます。

check
  • VYM:2.83%
  • SPYD:4.30%
  • HDV:4.69%

このため、高配当株の定義を「4%以上」と考えている方にはVYMはおすすめできません。

デメリット④分散性=暴落に強いわけではない

「分散性が高い=守りに強くなる」と考える投資家も少なくありません。

いくら銘柄数を分散させたところで暴落に強くなることない

守りに強いポートフォリオを作りたい場合

  • 債券
  • 不動産
  • 原油

など、株式とは異なる動きをする投資商品を保有する必要があります。

このため、「VYM=分散性が高く守りに強い」というわけではない点は理解しておきましょう。

詳細は以下理想的なアセットアロケーションにて解説しています。

【重要】理想的なアセットアロケーションとは?6つポイントで解説 本記事では「理想的なアセットアロケーション」をテーマに6つポイントを解説します。 資産形成をするには、アセットアロケーショ...

デメリット⑤為替の影響を受ける

VYMへの投資は「為替の影響」を軽視することができません。

  • 1ドル:100円
  • 1ドル:80円

では、同じ株価であっても損益は約20%異なります。

以下米ドル/円10年チャート

POINT

2012年:75.570円

2022年:151.942円

過去10年で見ても高いボラティリティとなっています。

このため、為替により想定より含み益が減少する可能性が存在。

VYMだけが対象となるデメリットではありませんが、米国株へ投資をする際は注意をしましょう。

日本人である以上、自国通貨への投資もバランス良く行うことをおすすめします。

デメリット⑥米国課税には注意

米国株から配当金を得る場合、「米国課税」が必要。

米国課税 日本課税
米国株 10% 20.315%
日本株 0% 20.315%

米国高配当株の配当金は約30%の税金が掛かります。

結果、配当金受け取り額は「約72%」に減少
POINT

米国課税分の10%は確定申告で還付を受けることができる

但し、所得税からの還付のため所得が少ない場合は、全額は取り返すことはできない

※新NISAを活用しても米国課税の10%は課税される

このため、VYMの配当額を計算する場合米国課税も含めて試算をするようにしましょう。

【結論】「VYM」をおすすめする人

VYMの特徴をまとめると以下の通り

  • 信託報酬は格安(0.06%/年)
  • 分散性が高い(約400社)
  • パフォーマンスが高い

格安なコストで米国株に分散投資できるのはVYMの強み。

但し、配当利回りは「2.83%」と他のETFと比較すると物足りない数値です。

また、S&P500と比較してパフォーマンスが劣る点も課題と言えるでしょう。

上記をトータル的に加味すると「そこそこの配当利回り」+「成長性も取りたい」という方におすすめのETFです。

配当利回り、成長性ともに飛び抜けて高い数値ではありませんが、どちらも安定しています。

悪い言い方をすると、「中途半端」なETFとしての扱いになりますが、「SPYD」、「HDV」と比較するとパフォーマンスは優秀。

「配当金」+「成長性」どちらもバランス良く欲しいという方は、VYMの投資を検討してみましょう。

「VYM」投資を検討している方の3つの質問

VYMへの投資を検討している方の気になる質問をまとめました。

Q1.VYMには投資信託もあるのか?

VYMの投資信託がある

対象投資信託は以下の通り

①楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド

  • 信託報酬:0.192%
  • 買付手数料なし

②SBI・V・米国高配当株式インデックス・ファンド

  • 信託報酬:0.1238%
  • 買付手数料なし

結論、「楽天証券」or「SBI証券」にて上記2種類の投資信託が設定されています。

信託報酬で比較すると、2021年に設定された「SBIVYM」が優秀。

但し、どちらの投資信託も「配当金は自動再投資される」という点は注意が必要です。

高配当ETFの醍醐味は、配当金が受け取れる点にあるため積極的に投資したい投資家は少ないと言えるでしょう。

Q2.VYMはどこで購入するのがおすすめか?

主要ネット証券買付手数料条件
※2024年2月時点

楽天証券 SBI証券 マネックス証券
対象外 対象外 対象外

VYMは主要ネット証券3社共に買付手数料無料対象外です。

一方、為替手数料について楽天証券、SBI証券が無料化を発表しています。

このため、取引コストで比較した場合「楽天証券」、「SBI証券」を活用するのが良いでしょう。

Q3.VYMの配当日を教えて欲しい

VYMの配当日は「3月、6月、9月、12月」の年4回

各月の下旬に振り込まれますが、証券会社によって日程は異なります。

昨年である2023年の権利落ち日は以下の通りです。

  • 2023年3月20日
  • 2023年6月20日
  • 2023年9月18日
  • 2023年12月18日

VYMから配当金が欲しい方は、権利落ち日の1日前までに購入するようにしましょう。

米国株の財務状況を手軽に調べる方法

米国株には魅力があるも、英語というハードルがあり手軽に財務分析ができないという悩みを持つ方が少なくありません。

そんな方におすすめなのが財務分析アプリ「moomoo」の活用。

VYMと検索して分析をしてみよう

「moomoo」は、2022年10月27日誕生した新しい次世代型金融情報アプリです。

日本での知名度は高くありませんが、世界では2,000万人以上のユーザーがmoomooのアプリを利用。

革新的なサービスとして世界の投資家に認められているツールです。

米国株におすすめの理由

①米国株、香港株のスクリーニング

②米国株の財務分析

③米国株のシミュレーション取引が可能

moomooに銘柄登録することで、リアルタイムの株価を手軽に確認することができます。

VYMの長期チャートをチェック。

各銘柄の注文・約定分析に対応。

企業分析に強く、企業名をタップすれば財務分析を行うことができます。

セクター割合、地域、最新の保有状況を確認できる

アプリを活用すればデモトレードを始めることも可能。

お金を掛けずに米国株を体験したい方におすすめです。

その他、「銘柄スクリーニング」、「ヒートマップ」など株のトータル管理に最適です。

POINT

無料で使える財務分析アプリのため、手軽に使用感をチェックしてみよう

「moomoo証券」を無料でダウンロードする
※IDを取得すればすぐに利用できます

moomoo

moomoo

posted withアプリーチ

【誕生】次世代型投資アプリ「moomoo(ムームー)」9つの魅力を解説 本記事では、「moomoo」をテーマに活用するべき魅力を解説します。 「moomoo」は、2022年10月27日に誕生した...

「VYM」メリット、デメリット【まとめ】

本記事では、米国高配当ETF「VYM」をテーマにメリット、デメリットを解説しました。

ポイントをまとめると以下の通り

VYMは格安なコストで米国株に分散投資できる高配当ETFです。

但し、「配当利回り」や「パフォーマンス」に課題が存在します。

このため、正しくVYMのデメリットを理解した上で投資を検討しましょう。

以上、VYMおすすめしないと言われる6つの理由まとめでした。

【関連記事】米国株の情報収集に最適なサイトを解説しています。

【厳選】米国株情報収集に使えるサイトまとめ11選│日本語で読める情報源のみ 本記事では「米国株情報サイト」をテーマに、情報収集に最適なおすすめサイトを紹介します。 将来的な株価成長を期待し、米国株へ...

【関連記事】高配当ETF「SPYD」について解説をしています。

【検証】「SPYD」で夢の配当金生活は可能か?【おすすめしない7つの危険性】 本記事では、「SPYDを活用した配当金生活は可能か?」をテーマに特徴と危険性を解説します。 SPYDは高配当ETFとして、...

【関連記事】米国株の勉強方法について解説をしています。

【投資初心者向け】米国株の勉強方法10選を徹底解説【無料・有料まとめ】 本記事では「米国株の勉強」をテーマに無料、有料に分けて方法を解説します。 米国株には魅力があるも、企業の情報取得に苦労する...