株ツール

【スクリーニング最適】「株マップ.COM」使い方、評判を徹底解説

【PR】記事内に商品プロモーションを含む場合があります
悩み人
悩み人
「株マップ.COM」が気になる。使い方、評判を教えて欲しい

本記事では「株マップ.COM」をテーマに使い方、評判を解説します。

株マップ.COMは「銘柄探し」、「銘柄分析」に最適な株ツールです。

投資初心者から上級者まで幅広く利用されており、株シミュレーション取引に対応している点も強みと言えます。

無料で使えるツールのため、本記事を参考に気になる方はブックマークしておきましょう。

【当サイト推薦】moomoo証券アプリ

企業評価、アナリスト評価をアプリで確認

テクニカルデータやシグナルも無料で閲覧可能(新たな買い時を判断するの最適)

口座開設不要かつ無料で使える金融情報アプリのため、気軽に使用感をチェックしてみよう!

\期間限定キャンペーン開催中/moomoo証券

moomooアプリ無料ダウンロード

「株マップ.COM」とは?

まずは、株マップ.COMの基本をチェックしましょう。

「株マップ.COM」とは?

様々な角度で銘柄を調査、分析できる株分析ツール。株シミュレーション取引にも対応

「株マップ.COM」はクォンツ・リサーチ株式会社が提供。

こんな方におすすめ
  • 新しく購入する個別株を探している
  • 年初来高値を更新した銘柄を知りたい
  • 業種別で過去のリターンを比較したい

まだ「株マップ.COM」を使ったことが無い方に向けて魅力を徹底解説します。

株マップ.com(公式)

「株マップ.COM」の使い方【6つの検索機能】

株マップ.COMの特徴的なスクリーニング方法は以下の通りです。

順番に解説します。

①Wikipedia銘柄検索

Wikipedia検索とは?

Wikipediaに存在するページから、単語と国内上場企業との関係を人工知能で解析し、キーワードと関連性の高い銘柄を探すことができる

例:キーワード「鬼滅の刃」で検索

関連銘柄のリスト化はもちろん、関連度を5段階で表示。

身の回りで「人気がでそうなアニメ」、「ヒットが予測される商品」など検索することで、関連銘柄を簡単に調べることができます。

気になるキーワードがあれば、積極的に入力してみましょう。

②クォンツ・リサーチのおすすめ検索

「クォンツ・リサーチ社」がスクリーニングしたおすすめ銘柄を見ることができます。

スクリーニング条件は以下の通り

  1. 収益面、資産面から見て割高な銘柄を除く
  2. 持ち合い解消圧力が強い銘柄を除く
  3. 信用取引の需給バランスの悪い銘柄を除く
  4. 上記で生き残った銘柄から、クォンツスコアの高い銘柄を抽出する

銘柄選びの参考なるツールと言えるでしょう。

③株式トレンドマップ

業種やスタイル別に過去のリターンを調べることができます。

「株マップ.COM」独自のサービスであり積極的に活用しよう

株式トレンドマップの使い方は以下の通り

  1. 銘柄を探したい
  2. 市場トレンドから探したい
  3. 当日の騰落率から探したい

リターン期間を変更する。

以下の通り、スタイル、業種別に過去のリターンを調査することができます。

POINT
  • 成長している業種、セクターをチェックする
  • 成長しているスタイルを調べる

など、好調なセクター、スタイルを分析するのに最適であり、各項目をタップすると具体的な銘柄を確認することができます。

「10年や15年など更に長期でみるとどうか?」など様々な角度でスクリーニングをしてみましょう。

④クォンツスコアランキング

クォンツスコア別のランキングにも対応しています。

クォンツスコアとは?

以下、6つでの構成される独自のスコア

  1. 成長性
  2. 割安性
  3. 企業規模
  4. テクニカル
  5. 財務健全性
  6. 市場トレンド

同業種との比較も見ることができます。

  • スコア上位
  • スコア急上昇
  • スコア急下落
  • 割安度スコア上昇
  • テクニカルスコア上昇

など、様々銘柄をチェックすることが可能です。

⑤テーマで探す

投資したい「メインテーマ」と「サブテーマ」を元にスクリーニングができます。

新しく個別株を探している時など大変便利です。

⑥出遅れ銘柄検索

出遅れ銘柄検索とは?

過去90日の値動きの相関が高い5銘柄(仲間銘柄群)を独自のモデルで抽出

その銘柄群の直近3日のリターンと比べて、出遅れている銘柄をスクリーニング

短期トレーダーにおすすめの銘柄分析機能です。

銘柄探し、分析機能は他にも

  • 適時開示情報
  • 銘柄分析
  • 激しく動く株ランキング
  • 本日のストップ高・安候補

など、様々な角度で分析できるのは、株マップ.COMの強みと言えるでしょう。

「株マップ.COM」は株運用ゲームに対応

「株マップ.COM」は株運用ゲームにも対応しています。

使用には「株マップ.COM無料会員登録」が必要(メールアドレスのみ)

ルールは以下の通り

  • 所持資産は1億円スタート
  • 運用期間は6ヶ月
  • 外国株には非対応(日本株のみ)
  • 売買単位は100株以上(単元株)

詳細ルールは公式をどうぞ
株マップ.com株運用ゲーム(詳細ルール)

成績上位は以下ポイントが貰えます。

10位以内 株マップポイント 5000 KP
50位以内 株マップポイント 3000 KP
300以内 株マップポイント 1000 KP

「株マップポイント」は有料会員特典に使うことが可能です。

株運用ゲーム使い方

①売買注文

②銘柄

③株数入力

④注文方法選択

⑤指値を入力

⑥注文を選択

以上で注文完了です。

最大30銘柄まで保有可能

株シミュレーションアプリが気になる方は以下記事もおすすめです。

【2024年5月】株シミュレーションアプリおすすめ10選│ゲーム感覚で練習できる 本記事では「株シミュレーションアプリ」をテーマにおすすめアプリを解説します。 株式投資には売却益はもちろん、「株主優待」、...

「株マップ.COM」気になる質問

株マップ.COM気になる質問を集めました。

Q1.無料版と有料版の違いは?

株マップ.COMには有料版が用意されています。

無料版 有料版
株価 20分遅れ リアルタイム
広告 表示 非表示
詳細スクリーニング 非対応 対応
日柄値幅検索 非対応 対応
チャート足型検索 非対応 対応
テクニカルスコープ 非対応 対応
ロングショート検索 非対応 対応
  • プレミアム利用料 ¥1,800/月(税別)
  • リアルタイム株価利用オプション: +¥900/月(税別)

株価や一部有料版のみ対応している検索方法があります。
(詳細)➤プレミアム会員案内 | 株マップ.com

主要な機能は無料で使えるため一度利用を検討してみましょう。

Q2.「株マップ.COM」はアプリ版はあるか?

クォンツ・リサーチ株式会社が提供している「株マップ」アプリがあります。

【更新】

現在、株マップ.COMが提供するアプリは取扱いが停止になっています。

  • 株価ボード
  • ランキング
  • スクリーニング

などに対応しています。

但し、株式トレンドマップはパソコン版のみのサービスである点は注意しましょう。

「株マップ.COM」口コミ、評判

口コミ、評判をまとめると以下の通り

企業スクリーニングに活用している口コミ

ポリンジャーバンドの確認に使用

株マップ.COMを高く評価する声

「株マップ.COM」口コミ、評判をまとめると以下の通り

  • テクニカル分析に使える(見やすい)
  • スクリーニングに便利

など、投資家の銘柄分析に活用されている口コミが多く見られました。

株シミュレーションアプリを活用して練習してみよう

「株マップ.COM」を活用して新たな銘柄の発見~投資をしてみましょう。

但し、新たな銘柄を見つけても実際に投資をするのはリスクがあります。

そこでおすすめなのがシミュレーションアプリの活用です。

当サイトでは、無料シミュレーションアプリ「株たす」を推奨
POINT
  • 本物の株価を使用しリアルなデモ体験
  • 取引銘柄は3,600以上
  • 漫画で株式投資が学べる

3,600以上の銘柄から投資対象を選択することができます。

株価も本物のデータを活用しているため、本番同様の値動きを体験することが可能。

また、クイックモードが用意されており移動平均線を活用した短期トレードの練習にも最適。

学生の投資教材としての利用実績もあるため、初めての練習に最適なツールです。

参考: グリーンモンスター株式会社

無料で利用できるアプリのため、気軽に使用感をチェックしてみましょう。

株たすを無料でダウンロードする

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

株たす-株式投資のシミュレーションゲーム

posted withアプリーチ

デモトレードアプリ「株たす」とは?使い方、評判を解説│株の練習に最適(PR) 本記事では、デモトレードアプリ「株たす」をテーマに使い方、評判を解説します。 2024年NISA制度の拡充に伴い、株式投資...

株マップ.COM【まとめ】

本記事では、個別株の銘柄分析に最適な「株マップ.COM」について解説をしました。

特徴をまとめると以下の通り

  1. キーワード分析に対応
  2. 業種、スタイルの長期トレンドが分かる
  3. 株のシミュレーション取引もできる

「株マップ.COM」は無料で使えるスクリーニングツールです。

まだ、活用していない方がいればブックマークに入れておきましょう。

以上、「株マップ.COM」使い方、評判でした。

(公式)株マップ.com 株式情報 株式検索サイト

【関連記事】株スクリーニングに便利なアプリ、ツールをまとめています。

【厳選】「株スクリーニングアプリ」最強おすすめ9選【無料ツールの活用】 本記事では、「株スクリーニングアプリ」をテーマに筆者が実際に活用しているおすすめツールを紹介します。 株式投資において、銘...

【関連記事】投資管理に最適なアプリをまとめています。

【2024年5月】投資管理におすすめ携帯アプリ10選【すべて無料】 本記事では「投資管理におすすめアプリ」をテーマに、実際に筆者が利用しているアプリを網羅的に紹介します。 非課税制度をフル活...

【関連記事】他にも株式投資に役立つ情報サイトをまとめています。

【有料級】「株式投資に役立つ情報サイト」おすすめランキング15選 本記事では、「株式投資に役立つ情報サイト」をテーマにおすすめをランキング形式で解説します。 企業は株主への責務として「決算...